btn btn btn btn btn
メールソフト設定ガイド

Thunderbird 3.1 - 確認・変更

Thunderbird 3.1で新しくメールアカウントを設定する場合の説明、設定確認方法、各種設定変更方法についての説明です。

メールアカウントの設定

1

Thunderbird を起動し、メニューバーよりファイル新規作成メールアカウントを選択します。

メールアカウントの設定1

ローカルフォルダ画面が表示されている場合は新しいアカウントを作成するを選択します。

メールアカウントの設定1

2

「メールアカウントの設定」画面が表示されます。

  • あなたの名前: お客様のお名前、ニックネームなどを入力します。(*1)
  • メールアドレス: お客様の電子メールアドレスを入力します。
  • パスワード: メールパスワードを入力します (文字は●で表示されます)。

* 2003年8月11日 (月) 以前に入会されたお客様は、[WAKWAKユーティリティ (メール用)] より「SMTP認証IDの確認」を確認していただき、対応していない場合には、一度メールパスワードを変更してください。

入力に誤りがないことを確認し、続けるボタンをクリックします。

*1 ここで設定した名前は、電子メール送信時に相手側に「送信者」として表示されます。名前は自由に設定できますが、相手に送信者が分かるような名前にすることをお勧めします。

メールアカウントの設定2

3

アカウントの自動設定が行われます。

メールアカウントの設定3

4

画面の中央に次のアカウント設定が一般的なサーバ名で検索したことにより見つかりました。と表示されましたら、画面左下の手動設定をクリックします。

メールアカウントの設定3

画面の中央にThunderbird はあなたのアカウント設定を見つけられませんでした。と表示された場合は、画面右下のキャンセルをクリックして手順 [1] から再度設定を行います。設定の前にインターネット接続が行われているか確認をお願いします。

メールアカウントの設定3

5

「サーバ設定」画面が表示されます。

ユーザ名に電子メールアドレスを入力します。

ダウンロード後もサーバにメッセージを残すのチェックをはずします。

* 【ダウンロード後もサーバにメッセージを残す】のチェックについて:
○メール更改工事未完了のサーバの場合
チェックを入れてご使用を続けると、メールボックスに電子メールが蓄積され、メールボックス容量50MBを超えてしまう可能性があります。50MBを超えた際の処理については [メールボックスに電子メールを保存されているお客様へ] をご確認ください。
○メール更改工事完了済のサーバの場合
チェックを入れてご使用を続けると、メールサーバの容量(1GB)を超過した場合、サーバ上の電子メールは過去分から自動的に削除されます。また、メールサーバの容量を超過しない場合においても、メールサーバ上で受信してから1年が経過した電子メールは順次削除されますのでご注意ください。
なお、ご利用のメールソフトに取り込んだ電子メールについては削除の対象外です。

* 「アカウント設定」画面が表示されていない場合は、メニューバーより「ツール」→「アカウントの設定」を選択してください。

メールアカウントの設定3

6

「送信 (SMTP) サーバ」を選択し、編集ボタンをクリックします。

メールアカウントの設定3

7

「メールアカウントの設定」画面が表示されます。

  • サーバ名: 登録情報に記載されているSMTPサーバ名が入力されていることを確認します。
  • ポート番号: 「587」と入力されていることを確認します。
  • 接続の保護: 「なし」を選択します。
  • 認証方式: 「平文のパスワード認証 (安全でない)」を選択します。

入力に誤りがないことを確認し、 OKボタンをクリックします。

メールアカウントの設定7

8

「送信 (SMTP) サーバ」画面に戻ります。

OKをクリックします。

メールアカウントの設定8

このページのトップへ

電子メールの設定確認

1

Thunderbird を起動し、メニューバーよりツールアカウント設定を選択します。

電子メールの設定確認1

2

設定を確認するアカウントを選択し、以下の情報を確認します。

  • 名前: お客様のお名前、ニックネーム等が入力されているか確認します。(*1)
  • メールアドレス: お客様の電子メールアドレスが入力されているか確認します。

*1 ここで設定した名前は、電子メール送信時に相手側に 「送信者」 として表示されます。

電子メールの設定確認2

3

「サーバ設定」を選択し、以下の情報を確認します。

  • サーバ名: 登録情報に記載されているPOPサーバ名が入力されているか確認します。
  • ユーザ名: 電子メールアドレスが入力されているか確認します。
  • ポート: 「110」と入力されていることを確認します。
  • 接続の保護: 「なし」を選択します。
  • ダウンロード後もサーバにメッセージを残す: チェックしません。(*2)

*2 【ダウンロード後もサーバにメッセージを残す】のチェックについて:
○メール更改工事未完了のサーバの場合
チェックを入れてご使用を続けると、メールボックスに電子メールが蓄積され、メールボックス容量50MBを超えてしまう可能性があります。50MBを超えた際の処理については [メールボックスに電子メールを保存されているお客様へ] をご確認ください。
○メール更改工事完了済のサーバの場合
チェックを入れてご使用を続けると、メールサーバの容量(1GB)を超過した場合、サーバ上の電子メールは過去分から自動的に削除されます。また、メールサーバの容量を超過しない場合においても、メールサーバ上で受信してから1年が経過した電子メールは順次削除されますのでご注意ください。
なお、ご利用のメールソフトに取り込んだ電子メールについては削除の対象外です。

電子メールの設定確認3

4

「送信(SMTP)サーバ」を選択します。WAKWAKの送信サーバ設定を選択し、編集をクリックします。

電子メールの設定確認4

5

「送信 (SMTP) サーバ」画面で、以下の情報を確認します。

  • サーバ名: 登録情報に記載されているSMTPサーバ名が入力されていることを確認します。
  • ポート番号: 「587」と入力されていることを確認します。
  • 接続の保護: 「なし」を選択します。
  • 認証方式: 「平文のパスワード認証 (安全でない)」を選択します。

入力に誤りがないことを確認し、OKボタンをクリックします。

電子メールの設定確認5

6

「送信 (SMTP) サーバ」画面に戻ります。

OKをクリックします。

電子メールの設定確認6

このページのトップへ

電子メールアドレスの設定変更

1

Thunderbird を起動し、メニューバーよりツールアカウント設定を選択します。

電子メールアドレスの設定変更1

2

設定を変更するアカウントを選択し、以下のように変更します。

  • アカウント名: 任意で変更します。
  • 電子メールアドレス: 変更後の電子メールアドレスを入力します。

電子メールアドレスの設定変更2

3

「サーバ設定」を選択し、ユーザ名に変更後の電子メールアドレスを入力します。

電子メールアドレスの設定変更3

4

「送信 (SMTP) サーバ」を選択します。WAKWAKの送信サーバ設定を選択し、編集をクリックします。

電子メールアドレスの設定変更4

5

「送信 (SMTP) サーバ」画面で、ユーザ名に変更後の電子メールアドレスを入力します。

入力内容に誤りがないことを確認し、OKボタンをクリックします。

電子メールアドレスの設定変更5

6

「送信 (SMTP) サーバ」画面に戻ります。

OKをクリックします。

電子メールアドレスの設定変更5

このページのトップへ

メールパスワードの設定変更

1

Thunderbird ではアカウントの設定画面でメールパスワードの設定変更ができません。メールパスワードを変更した場合、電子メールの送受信時に入力画面が表示されるので、変更後のパスワードを入力してください。

* 電子メールアドレスを変更した場合、メールパスワードは初期化されます。メールパスワードは [WAKWAKユーティリティ (メール用)] より変更していただけます。

メールパスワードの設定変更

電子メール受信時のパスワード

  • Thunderbird を起動し、電子メールの受信を行います。
  • パスワードの入力画面で、変更後のメールパスワードを入力します (文字は●で表示されます)。

電子メール送信時のパスワード

  • 新しいメッセージを作成し、電子メールの送信を行います。
  • パスワードの入力画面で、変更後のメールパスワードを入力します (文字は●で表示されます)。

*「パスワードマネージャを使ってこのパスワードを保存する。」にチェックを入れるとパスワードが保存され、次回の送信時および受信時からはパスワード入力画面は表示されなくなります。

* 保存したパスワードを再設定する場合は、「ツール」→「オプション」を選択し、「オプション」画面で「セキュリティ」→「パスワード」タブを選択します。「保存されているパスワード」をクリックすると保存されているログイン情報一覧が表示されるので、該当するログイン情報を削除して再びメール送受信時の入力画面でメールパスワードを入力してください。

このページのトップへ