btn btn btn btn btn
インターネット接続ガイド

フレッツ接続用DNSサーバの設定確認方法 (Windows)

廃止予定のDNSサーバを手動で設定されているお客様は、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

* 廃止予定以外のDNSサーバを手動で設定されているお客様、およびDNSサーバのアドレスを自動で取得されているお客様は、設定変更の必要はありません。

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69
新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

ルータをご利用でない場合

ルータをご利用の場合

Windows 10 (ルータをご利用でない場合)

※マウス操作でのご案内です。

1

デスクトップ画面の左下にあるWindowsマークを右クリックし、ネットワーク接続をクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用でない場合) - 手順1

2

フレッツ接続に使用しているアイコンを右クリックし、プロパティをクリックします。(画像ではローカルエリア接続)

Windows 10 (ルータをご利用でない場合) - 手順2

3

プロパティの画面が表示されます。ネットワークタブをクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用でない場合) - 手順3

4

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティをクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用でない場合) - 手順4

5

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 10 (ルータをご利用でない場合) - 手順5

<設定変更が必要な場合>
・廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

6

【プロパティ】画面をOKボタンまたは、×で閉じます。

このページのトップへ

Windows 8 (ルータをご利用でない場合)

※マウス操作でのご案内です。

1

デスクトップ画面を表示させます。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順1

2

デスクトップ画面の画面右下に、ネットワークアイコンが表示されています。※ご利用のパソコンの機能により表示されるアイコンが異なります

無線機能がない場合

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順2-1

無線機能がある場合

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順2-2

3

ネットワークアイコンを右クリックし、【ネットワークと共有センターを開く】をクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順3

4

アダプターの設定の変更をクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順4

5

フレッツ接続に使用しているアイコンを右クリックし、プロパティをクリックします。(画像ではブロードバンド接続)

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順5

6

プロパティの画面が表示されます。ネットワークタブをクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順6

7

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティをクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順7

8

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順8

<設定変更が必要な場合>
・廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

9

【プロパティ】画面をOKボタンまたは、×で閉じます。

このページのトップへ

Windows 7 (ルータをご利用でない場合)

1

パソコンを起動し、Windowsマーク(スタートメニュー) →コントロールパネルをクリックします。

Windows 7 - 手順1

2

ネットワークの状態とタスクの表示をクリックします。

Windows 7 - 手順2-1

アイコン表示の場合はネットワークと共有センターアイコンをクリックします。

Windows 7 - 手順2-2

3

アダプターの設定の変更】をクリックします。

Windows 7 - 手順3

4

フレッツ接続に使用しているアイコンを右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows 7 - 手順4

5

プロパティの画面が出ますので、ネットワークタブをクリックします。

Windows 7 - 手順5

6

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティボタンをクリックします。

Windows 7 - 手順6

7

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 7 - 手順7

<設定変更が必要な場合>
・廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

8

【プロパティ】画面をOKボタンまたは、×で閉じます。

このページのトップへ

Windows Vista (ルータをご利用でない場合)

1

パソコンを起動し、Windowsマーク(スタートメニュー) -【接続先】をクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用でない場合) - 手順1

2

フレッツ接続に使用しているアイコンを右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用でない場合) - 手順2

3

プロパティの画面が出ますので、ネットワークタブをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用でない場合) - 手順3

4

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択し、プロパティボタンをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用でない場合) - 手順4

5

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」の画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows Vista (ルータをご利用でない場合) - 手順5

<設定変更が必要な場合>

  • 廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

6

【プロパティ】画面を、OKボタンまたは、×ボタンで閉じます。

このページのトップへ

Windows 10 (ルータをご利用の場合)

以下の手順は、パソコンにDNSサーバを固定している場合の確認手順です。ルータにDNSサーバを固定している場合の確認手順につきましては、機器提供元にご相談いただきますようお願いいたします。

 

※マウス操作でのご案内です。

1

デスクトップ画面の左下にあるWindowsマークを右クリックし、ネットワーク接続をクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用の場合) - 手順1

2

ネットワーク接続画面が表示されます。ローカルエリア接続を右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用の場合) - 手順2

3

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティをクリックします。

Windows 10 (ルータをご利用の場合) - 手順3

4

【インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)】のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 10 (ルータをご利用の場合) - 手順4

<設定変更が必要な場合>

  • 廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

5

【プロパティ】画面を、OKボタンまたは、×ボタンで閉じます。

このページのトップへ

Windows 8 (ルータをご利用の場合)

以下の手順は、パソコンにDNSサーバを固定している場合の確認手順です。ルータにDNSサーバを固定している場合の確認手順につきましては、機器提供元にご相談いただきますようお願いいたします。

 

※マウス操作でのご案内です。

1

デスクトップ画面を表示させます。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順1

2

デスクトップ画面の画面右下に、ネットワークアイコンが表示されています。※ご利用のパソコンの機能により表示されるアイコンが異なります

無線機能がない場合

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順2-1

無線機能がある場合

Windows 8 (ルータをご利用でない場合) - 手順2-2

3

ネットワークアイコンを右クリックし、ネットワークと共有センターを開くをクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順3

4

アダプターの設定の変更をクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順4

5

ネットワーク接続画面が表示されます。イーサネット(無線利用の場合は、Wi-Fi) を右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順5

6

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティをクリックします。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順6

7

【インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)】のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 8 (ルータをご利用の場合) - 手順7

<設定変更が必要な場合>

  • 廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

8

【プロパティ】画面を、OKボタンまたは、×ボタンで閉じます。

このページのトップへ

Windows 7 (ルータをご利用の場合)

以下の手順は、パソコンにDNSサーバを固定している場合の確認手順です。ルータにDNSサーバを固定している場合の確認手順につきましては、機器提供元にご相談いただきますようお願いいたします。

1

Windowsマーク (スタートメニュー)→ 【コントロールパネル】をクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順1

2

ネットワークの状態とタスクの表示をクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順2-1

アイコン表示の場合はネットワークと共有センターアイコンをクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順2-2

3

アダプターの設定の変更をクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順1

4

ローカルエリア接続 (無線利用の場合は、ワイヤレスネットワーク) を右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順4

5

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)を選択し、プロパティをクリックします。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順5

6

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows 7 (ルータをご利用の場合) - 手順6

<設定変更が必要な場合>

  • 廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

7

【プロパティ】画面を、閉じるボタンまたは、×ボタンで閉じます。

Windows Vista (ルータをご利用の場合)

以下の手順は、パソコンにDNSサーバを固定している場合の確認手順です。ルータにDNSサーバを固定している場合の確認手順につきましては、機器提供元にご相談いただきますようお願いいたします。

1

パソコンを起動し、Windowsマーク(スタートメニュー) →接続先をクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順1

2

画面最下部にある ネットワークと共有センターを開きますをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順2

3

「ネットワークと共有センター」画面が出ます。左側メニューの ネットワーク接続の管理をクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順3

4

ローカルエリア接続 (無線利用の場合は、【ワイヤレスネットワーク】) を右クリックし、プロパティをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順4

* 【ユーザアカウント制御】画面が表示された場合は、続行をクリックします。出ない場合は手順5へ進んでください。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順4_2

5

【インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)】を選択して、プロパティをクリックします。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順5

6

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ画面が出ます。画面下部のDNS設定を確認します。

Windows Vista (ルータをご利用の場合) - 手順6

<設定変更が必要な場合>

  • 廃止予定のDNSが固定されている (画像は一例です)

設定変更が必要な場合

今後廃止予定のDNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 211.9.226.5 211.9.226.69
フレッツ接続用 (西日本) 211.9.227.5 211.9.227.69

* 上記DNSサーバが設定されている場合、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」に設定を変更するか、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。

新しいフレッツ接続用DNSサーバ
接続タイプ プライマリ セカンダリ
フレッツ接続用 (東日本) 219.103.130.56 211.132.129.56
フレッツ接続用 (西日本) 211.132.129.56 219.103.130.56

 

<設定変更が不要な場合>

  • 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」になっている (画像は一例です)

設定変更が不要な場合

  • 廃止予定以外のDNSが固定されている (新しいDNSサーバや、ルータのアドレス、独自のDNSサーバ等)

設定変更が不要な場合

設定変更が不要な場合

7

【プロパティ】画面を、閉じるボタンまたは、×ボタンで閉じます。

このページのトップへ